プリザーブドフラワー。アートフラワーで癒しの空間つくり。おすすめのネームインポエム

プリザーブドフラワー (preserved flower) 花の美しい姿のままに、特殊な保存方法で長時間保存することが出来きる技術です。水やりも必要ありませんし、保存状態が良ければ10年ほどもキレイな姿を私たちに見せてくれるのです。

メリットとデメリット

お花が好きでリビングや寝室など、そのお部屋お部屋に合った花を飾りたいと願う人も多いのですが、花粉が部屋にまんえんしてしまうために、飾ることすらできない方も多くいらっしゃいます。

生花をお部屋に飾ることは、気分にも変化が出てきますので、インテリアとしても飾りたいと願っても、体調などの面があり飾ることを諦めてしまっている方も少なくありません。

こういった方はプリザーブドフラワーをお部屋に飾ることを検討してみては良いのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーは生花を特殊な方法で保存し続けることができる技術なのです。

しかも、花粉によりアレルギーの心配が無いのです。

ですから、お花が好きでもお部屋に飾ることができない人も、生花を飾るのと同じ状態でアートフラワーを楽しむことができるのです。

しかも、保存状態が良ければ、10年ほども綺麗な状態で飾っておくことが可能なのです。

そんなプリザーブドフラワーですが、極度の湿気と乾燥には弱く、水がかかってしまう箇所や加湿器などの部屋のなかでも湿度が以上に高い場所などには置かないようにしておきましょう。